2020.08.12

あの夏の記憶だけ

新世代ボカロ Pとしてここ数年ネットで注目を集めるGuiano。2019年冬にキャリアの集大成的なベスト盤となる1st Album「Love & Music」のリリースを持って、ボカロPとしての活動に区切りを付け、シンガーソングライターとして本格始動。初の全曲セルフボーカルに挑んだ配信EPが完成。
自身の代表曲「死んでしまったのだろうか」のセルフカバー、バーチャルシンガー理芽をFeat.に迎えてリリースされた「透過夏 (Feat. 理芽 )」などの人気曲、他、全 5 曲収録。
アーティストにとって年齢は記号でしか無いかもしれないが、19 歳にして圧倒的な自己を確立しているGuiano というアー ティストの音楽が、歌声、歌詞、サウンドメイクの全てから感じ取れる新たな名刺となる 1 枚。
ジャケット写真はイラストレーター・asano66(FLAT STUDIO)が制作。

ページ上部へ戻るページ上部へ戻る